嶋聡公式ウェヴサイト

ご挨拶


経営と政治の二つを知って

 八十五歳のときに松下政経塾を設立した我が師である松下幸之助が「政治家でも経営を知らない人間はダメである。経営者でも政治を知らない人間はダメである」と述べました。

 松下政経塾は「政治経済塾」でなく「政治経営塾」であり「国家経営」を考えるのが塾生の使命でもありました。

 この言葉を心に刻み、私は衆議院議員三期九年、孫正義社長を八年三千日、社長室長として補佐しました。政治と経営の二つを知るという日本では稀有な経験をいたしました。

 経営と政治の二つを知った人間として、今の日本、企業、地域をみると「このままじゃいけない」という思いが日々募ってまいりました。

 この四月にソフトバンク社長室長を卒業し、顧問となりました。後輩に今までの経験を伝えるとともに、今の日本、企業、地域が再び「飛躍」への道を歩むための参考にしていただくための情報を発信していきたいとこのHPをたちあげました。

  中国の古典「淮南子」に「行年五十にして四十九年の非を知り、六十にして六十化す」とあります。人間は生きている限り、年をとればとるだけよくなっていかなくてはならない。六十になっても六十だけ変化するという意味です。

 日本も、企業も、地域も変わらずに繁栄するためには、自らが変化していかなければなりません。私も経営と政治を知った人間として「再起動」に向けて準備いたします。このHPが皆様が「再起動」し「飛躍」される一助となれば幸いです。

                  島さとし(嶋聡)