嶋聡公式ウェヴサイト

ソフトバンク社長室長時代


2006年ソフトバンク社長室長時代に就任

 1.ソフトバンクの飛躍を支える

「政から民へのトップランナーになりたい」とソフトバンク社長室長に就任。ソフトバンク飛躍の戦略を社長室長として支える。入社当売上高1.1兆円だったが、社長室長卒業の2013年度には6.7兆円と6倍になった。

メディアでは孫正義社長の「参謀」「懐刀」と呼ばれる。

ソフトバンク売上高推移参謀

2.嶋さとしの3.11

3月22日、孫正義社長と共に、福島を訪問。

原発は経済面でも合理的でないし、ふるさと、国家、歴史を失わせると感じた。このときの経験が「原発に依存しない日本をつくる」ことを決意させた。

全国36の道府県知事、18の政令指都市市長と自然エネルギー推進協議会を設立。孫正義事務局長、嶋聡事務局長代理で政府への提言活動を行う。

 

「再始動」へ続く