嶋聡公式ウェヴサイト

嶋聡 誕生


1958年 高須松平藩の城下町、岐阜県海津市で生まれる。

日新中学校は元高須藩藩校。大河ドラマ「八重の桜」の松平容保会津藩主、松平定敬桑名藩主は高須藩出身である。

12キロの自転車通学

大垣南高校まで約12キロを自転車通学。関が原古戦場にも自転車でよく行った。

豊臣秀吉の軍師であり、関が原の領主であった竹中半兵衛や、西軍、石田三成の参謀、嶋左近に憧れ、自分も天下を目指す人の「参謀」になることを志す。

 名古屋大学入学

名古屋大学経済学部に入学。飯田経夫ゼミで勉強三昧の日々。飯田先生が大平正芳総理のブレーンとなり「太平洋の時代」を提言、影響を受ける。

片道二時間の通学時間を読書にあて、ケインズの一般理論、シュンペーターの経済発展論などの経済書、十八史略、史記などの歴史書や孫子、六韜三略などの兵書を熟読する。

 

「松下政経塾時代」へ続く