嶋聡公式ウェヴサイト

1.北海道を再生エネルギーの供給基地に!


 歴史家トインビーは、「北海道は期待の島である」「北海道で『新しい日本』が生まれ始めた」と述べました。

 北海道はまず太陽光発電で走り出しました。世界的に見ると、再生エネルギーのエースは風力発電です。私は北海道を「風力発電王国」にすべきと思います。

太陽光、風力、地熱。北海道の再生エネルギー資源を活かせば、日本はエネルギー危機を乗り超えることができます。北海道を再生エネルギーの供給基地にしましょう!

スライド11

アメリカ、中国、ヨーロッパ。再生エネルギーのエースは風力発電です。
 原発1基は1GW(100万キロワット)。北海道には陸上だけで原発66基分の風力資源があります。海上には、原発253基分です。風力の稼働率20%と考えても原発60基分以上の風力資源があります。
 北海道の風力発電を開発すれば、日本のエネルギー自給率は高まり、エネルギー安全保障にも貢献します。

スライド12

 風力発電産業は自動車産業のように裾野の広い産業です。北海道をデンマークのように風力発電のメッカにできます。

スライド15

国際政治を熟知する英国は、安全保障、エネルギー危機に備え、原発33基分を洋上風力で賄おうとしています。日本も北海道周辺に洋上風力発電を整備すべきです。

スライド16

ドイツでは北部で作った電力を送電網整備により、南部のミュンヘンなどに送る構想を持っています。「電力アウトバーン」構想といいます。北海道で発電した電力を東京に送りましょう!