嶋聡公式ウェヴサイト

3.莫大なコストがかかる?


スライド25

 北海道と本州を結ぶ北本連携線を強化すれば、「北海道自然エネルギー供給基地構想」は実現します。でも、電力会社は莫大なコストと時間がかかるといいます。本当にそうでしょうか?

スライド26

私はノルウェーとオランダを結ぶ国際海底送電線を実際に見てきました。ノルウェーとオランダは580キロを650億円の工事費で結んでいます。日本で喧伝されるよりずいぶんと安くできます。十分に可能な構想です。

スライド27

 私の方針は現地番場主義。オランダ、ノーネッドを視察している私の後姿です。水道管のように見えるのが送電ケーブル。これで70万キロワットをオランダからノルウェーまで送っています。ずいぶん細い送電線だと思いませんか。

スライド28

 送電線も手のひらと比べてもこんな大きさです。北海道と本州を送電線で結ぶことは可能という確信をオランダで持ちました。 青函トンネル内に送電線を引くことも考えられます。
 北海道には風力のほかに地熱資源もあります。北海道を自然エネルギーの供給基地にして、北海道を飛躍させましょう!