嶋聡公式ウェヴサイト

メルマガ「シマサト」12月1日号

  • 2016年01月13日

shima1

「日本はもっと良くなるはずだし 良くならなくてはならない  嶋さとし」

IoT こそ地方経済復活の鍵!

 

─∞  目 次  ∞───∞───∞───∞───∞───∞───∞───∞───∞

1.地方こそIoT の実験場になる

2.地方は第4次産業革命で復活できる

3.日本もIoT 政策推進を!

∞───∞───∞───∞───∞───∞───∞───∞───∞───∞───∞

 

1.地方こそIoT の実験場になる

 

IoT が将来の経済を開くという言葉をよく聞かれると思う。IoT とは、Internet of Things(モノのインターネット化)の略号である。

基本的にコンピュータを組み込んだ機器は、インターネットに接続することで、新たな付加価値を生みだす。多くの家電メーカーや自動車メーカーなどは、この分野に力を注いでいる。

IoTが進むと 、身の回りにあるモノにセンサーが組み込まれて意識することなく直接インターネットにつながり、そこから集められた、ビッグデータによって、効率化がすすむ。これが第4次産業革命につながる。

 

建設機械の「コマツ」はIoT の先進企業と言われる。チリやオーストラリアの鉱山を走るダンプにセンサーを組み込み、データを分析した結果を持って、自動運転に切り替えたところ、路肩から落ちるなどの事故が激減したという。人間が運転するより、無人運転のほうが事故が少なかったというのだから驚きである。

shima1

このところ地方で講演させていただくことが多い。もちろん、講演がメインなのだが、この際、日本というものを改めて考えてみようと、地域の名所旧跡を訪問している。行くのは、会場のホテルからタクシーなのだが、困るのが帰りのタクシーである。東京のように流しのタクシーなどないからだ。

先日、会津に行った。タクシー会社の電話番号を聞いておいたのだが、広い会津若松城で「お城にいる」としか説明できず、運転手さんをずいぶん困らせた。

こんなとき、スマホでタクシーを呼べるUber などのネットを通してタクシーを呼ぶシステムがあると便利なのだと思う。いちいち個別のタクシー会社に電話して、自分のいる場所を説明するかわりに、スマートフォンでUber  のアプリを使えば、自分のいるところがGPSを通して自動的に伝わる。広いエリアを少ない台数で効率的にカバーするのに役に立つテクノロジーだと思う。

 

自動車の無人運転も、東京より地方に向くと思う。自動運転車は車が多く、危険な東京でなく、安全な地方から実験を始めたほうが確実だと思うからだ。

私は三十八歳のときに衆議院議員に当選して以来、免許は持っているが車の運転はしたことがない。おかげで、ずっとゴールド免許である。地方に行くと駅から遠い山城、古戦場などを訪問するとき、レンタカーは運伝できないのでタクシーで行く。途中の道は広く、しかもほとんど対向車もなく快適である。

古戦場につくと、タクシーの運転手さんに待っていてもらうのだが、当然、その間料金がかかり落ち着かない(笑)。将来、自動運転のレンタカーがあれば、借りて見たいと思う。

 

地方には高齢者が多い。高齢者の運転が危ないので免許の制限をなどという声がある。

しかし、地方は車がなくては生きていけないのだから、車のIoT化を地方こそ進めていくことが地方の消滅を防ぐことにつながってゆくと思う。地方こそIoT の先進実験場になりうるのだ。

shima2

 

2.地方は第4次産業革命で復活できる。

 

これからの時代は人工知能とIoT の第4次産業革命に入っていく。第一次産業革命は18世紀の綿織物工業、第二次産業革命は20世紀初頭の電気による大量生産、第三次産業革命は1980年代のコンピューターによる自動化である。

第四の産業革命はIoTと人工知能によってさらに生産性が高まり、社会に革命とも呼べるほどの大きな変化をもたらすことを意味する。この大きな波にのっていくことが、日本の中堅、中小企業を飛躍的に成長させ、地方を復活させる王道であると思う。

shima3

 

大分に講演にお招きいただいた。講演後の質問で、「地域は今後どうあるべきか」と聞かれた。

25年前、「地域から日本を変える運動」を松下政経塾で行っていたことを思い出した。

当時の平松知事が「一村一品運動」を提唱し、地方分権の先駆けとなった。「短期目標は一村一品運動による意識改革。中期目標はシリコンアイランドとよばれる九州2次産業群の高度化。長期目標はアジアからの人々を日本に受け入れる広い意味での『港』、アジアポート構想」という話であった。大分は地方から日本を変える先進地だったのだ。

 

25年前も訪問した、中津、杵築を再訪問した。中津は、NHK大河ドラマ、軍師官兵衛の影響もあり町並みも整備され「中津で天下の夢を見た」との旗がはためいていた。観光案内所の担当者の説明がよかった。私の滞在時間を先ず聞いて、プランを練ってくれるのである。「鱧(はも)」が名物とのことで、各レストランで「鱧祭り」を行っており、夕食の場所まで教えてくれた。

大分空港近くの城下町杵築は「全国一和装の似合う街」といわれる。別府に立命館アジア太平洋大学があり、そこの留学生と友人が杵築にきて、珍しいからと着物をレンタルして歩くようになり、国際色豊かになったとお店の人から聞いた。一村一品で全国的に有名になった「カボス」をお土産に買った。さすがに、地域づくりの先進地だなと感心した。

 

ただ、経済が順調に伸びているかというとそうでもないようである。地方に若い人が来ない。特に若い女性がいなくなる。したがって、出生率が下がり、地方は消滅するというのが「地方消滅」といわれる風潮である。大分も例外ではないようだ。

地方中心都市である大分でも、若い人をひきつけるような、「やりがいのある仕事」「相応の賃金」を払える環境にはないということであろう。

 

私の政治家時代の地元は愛知県刈谷市、安城市などで、トヨタに近く、自動車産業、ものづくり産業のメッカである。ここでは、地方に住みながら大企業および大企業に準じた賃金を得ているので、人々を引きつけている。もちろん、その地域の中堅企業、中小企業はIoT に積極的に取り組んでいる。

 

私の講演を聞いていただいている地方都市にはものづくり産業が多い。ものづくり産業こそIoT で飛躍的な成長をとげうる産業である。企業のリーダーがIoTを深く理解し、 営業、マーケティング、商品企画に力をいれる。そうすれば、付加価値生産額を高め、労働生産性、賃金も上がっていく。「やりがいのある仕事」、「相応の賃金」を提供する企業が実現するのである。その鍵こそが、IoT なのだと思う。

 

 

3.日本もIoT 政策推進を!

 

ドイツでは、国を挙げてこの第4次産業革命に対応しようとしている。これを「インダストリー4.0」という。中小企業から大企業まで幅広く対象にしている。

アメリカではオバマ政権が「アメリカ国内に製造業を呼び戻す」と宣言。生産は消費地で行うことが理想と、「製造業雇用の100万人創出」を打ち出しました。その鍵がIoT であるとして、世界最大の企業、GEのCEO、ジャック・イメルトがインダストリアル・インターネットの旗を振っている。

日本は「ものづくり」大国であったし、これからもそうあるべきだと私はおもう。第4次産業革命で、ものづくり産業は進化する。日本にあたらしい飛躍の窓が開かれている。

しかし、日本政府の動きはドイツ、アメリカに較べると遅い。日本も第4次産業革命への舞台へ躍り出るときである。

shima4

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

嶋聡

2015.12.1号 NO.11

株式会社嶋総合研究所 03-6811-6081

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントは受け付けていません。