嶋聡公式ウェヴサイト

大風呂敷のススメⅡ

公職選挙法は政治家の基本法・・うちわ、カレンダーの何が問題か

猫

 政治家たちが公職選挙法の裏をかいて活動をする醜い姿が次々と明らかになっている。

 代表的な例として小渕議員を見る。観劇会の収支が大幅に食い違っていることに端を発し、小渕優子議員の地元でジャガイモ、顔写真入のワイン、カレンダーと次々と有権者に様々な物品が送られていた可能性が出てきた。

 おそらく官邸はここまで把握しており、早い時期の幕引きを図ったのだろう。国会で、次々と追及されていたら小渕議員をかばうような発言をしていたコメンテーターたちも手のひらを返すことが考えられるからだ。

 公職選挙法は公職たる国会議員、地方議員らを選出するルールを決めている。政治資金の出入を公開する政治資金規正法ともに「政治家の基本法」である。小渕優子議員の問題はこの基本法の「裏をかく」ことをよしとする政治文化を暗黙のうちに認めていたことにある。将来の首相候補ととまでいわれた政治家のなすべきことではない。

 公職選挙法は政治家や候補者が選挙区の人に寄付することを禁じている。お金や物など「財産上の利益」を代金や会費を受け取らずに贈れば「寄付」とみなされる。
 
 「財産上の利益」とな何か。花輪や香典、お歳暮、運動会・盆踊りなどの差し入れなどと条文や総務省のホームページでは示している。ちなみに総務省の見解を集めた「選挙関係実例判例集」では名入りの「うちわ」や「カレンダー」を選挙区内で贈ることはできないとしている。(1975年)

 松島議員のうちわは完全にアウトである。金額の多寡は関係ない。

 保守系候補者を中心に名入りカレンダーも野放し状態である。小渕氏だけでなく、秋田県の自民党衆議院議員三人もカレンダーを配っているが「会費制の会合で配布したもので問題ない」としている。これには裏がある。1万部刷ったら、1000部は会合で配布して法を繰りぬけ、残りの9000部はタダで配るのだ。

 小渕氏のジャガイモはどうか。これも法を抜け、裏をかく道はある。「献金者に献金額の範囲を超えない形でジャガイモを贈っている」といえば直ちに違法とされない。これも大量に仕入れ、一部を献金者にして残ったものを配布する。「腐らせるのももったいないから」との言い訳もできる。ワインも同じと思われる。ただ、こちらは「選挙区外の人に配布して、残ったものを・・」と弁明するであろう。

 わが師である松下幸之助は「政治家は尊敬されるべきである」と常々言っていた。これは政治家は尊敬されるべく厳しく自己自身を律すべきということを塾生に教えていたと思う。政治家が自己自身を正すことが根本で、それによって人心風俗が正されるというのである。

 うちわ、観劇会、カレンダー、ジャガイモ、ワイン。松島議員、小渕議員の今回の行為は政治家の基本法である「公職選挙法」の裏をかこうとした行為である。これでは国民が法律の裏をかいて恥じなくなってしまう。尊敬できない今の政治家たちの最大の問題は、ここにある。

 

小渕経済産業大臣だけではない

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小渕優子経済産業大臣が明治座で2010年、11年と1000人規模以上の観劇ツァーをした。収入はそれぞれ372万円と369万円の合計742万円。支払ったのは3284万円で2600万円近くが補填されている。

選挙区の有権者に安価で観劇をさせたならば、利益供与となり公職選挙法199条違反の可能性が高い。さらに、選挙が近く集票目的であったなら、あきらかに買収となる。2012年の観劇が記載されていなかったのはそれを慮ってのことではないだろうか。

小渕大臣には、道義的責任、監督責任、政治的責任が発生する。「知らない」ですまされるわけがない。

保守政治家の主催するイベントは、似たようなものである。私が議員時代、保守政治家が数十台のバスを仕立て旅行に行っていた。私の事務所もバス旅行を企画したがなかなか参加者が集まらない。車社会で、会社などでもバス旅行は不人気なのになぜバス数十台も人が集まるのか不思議だった。

保守政治家のバス旅行の内容を聞いて驚いた。バスではビールも酒も飲み放題。残った缶ビールはお土産として配られる。現地についたら宴会の料理は豪華。さらに、お土産つきであった。「会費よりずっとお得」というのが参加者を集める秘書たちの「セールストーク」であったそうだ。

小渕優子経済産業大臣が地盤とする群馬県はかつて福田赳夫元、中曽根康弘、小渕恵三と総理になる三人が争った選挙区だった。その選挙戦のはげしさから「上州戦争」と呼ばれた。

当時のこととて、事務所で食事を出すのも野放し状態。それぞれの供応を「福田料亭」「中曽根レストラン」、「小渕飯場」と呼んだ。明治生まれの福田氏は懐石料理を、大正生まれの中曽根氏はしゃれた西洋料理を出して支持者の拡大をはかった。小渕氏はお金がなく、おにぎりくらいしか出せなかったので「飯場」と呼ばれたのだ。

福田料亭、中曽根レストランの時代を今、我々は「そんな時代もあったのか」とあきれてみている。だが、形を変えた供応は今もある。「観劇ツァー」に似た政治家主催の「バス旅行」をはじめ、有権者への「利益供与」イベントを開いているのは小渕大臣だけではない。

政治は「信なくば立たず」である。小渕大臣だけにとどまらず、他に同種の行為がないか政権運営にあたる与党自らが徹底して調べるべきである。そして、「そんな時代もあったのか」とあきれて見られるような政治にすべきであろう。

5 / 5« 先頭...345